トムのざれごと
散策ぶらつきブログ。
プロフィール

黒岩 司

Author:黒岩 司
職人:黒岩 司
性別:男
誕生日:1958年7月26日生まれ
理容師資格:1976年山口県
美容師資格:1979年東京都
1983年:おしゃれサロンTOMを開設
1988年:106(トム)開設~現在に至る
趣味:競技麻将・史跡巡り
山口県長門市西深川4078-5
TEL~0837-22-3776



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来島又兵衛
2011年 7月25日(月)
来島又兵衛の銅像が厚保小学校にあるというので来てみた!
DSC06766.jpg

この辺りに来島邸があった。!
又兵衛~本人は1817年、舟木(小野田山陽市)で生まれ、養子として来島家に…
来島家の歴史は古く尼子経久の子・森親久が来島家の祖らしい~

天保の改革に取り組み藩政改革に手腕を振るった、村田清風の後押しを受け…
藩主~毛利敬親からの信頼を勝ち取った又兵衛は実質主義へと変貌してゆき
リーダーシップを発揮するのですが、傲慢・強引的な面も見せてゆき!?

同じく財政再建や軍制改革、殖産興業等の藩政改革に尽力した、周布政之助より6才、吉田松陰より13才、桂小五郎(木戸孝允)より16才、高杉晋作より22才年上と年齢差も、暴走の理由の一つではないかと思う。

又兵衛に自重するように藩主・敬親より依頼され親書を携えて訪ねた、高杉晋作も相手にされず、困った晋作は藩に無断で京都の状況視察にでかけ…
それが原因で野山獄に監禁され~禁門の変に参加でなかった晋作は、命を拾ったのかも…???

結果…1864年8月20日~禁門の変
来島又兵衛は蛤御門にて、会津軍門を打ち破って追い詰めたが、乾門を守っていた西郷隆盛率いる薩摩軍の援護射撃で来島が胸を打ち抜かれて落馬、来島は付き添っていた甥に介錯を命じて自害した。
享年48。

来島又兵衛を抑えきれなかった!藩主~毛利敬親の統率力の無さに、かなりの問題があるものの…
その藩主の優柔不断ゆえに長州藩では、身分に関係なく優秀な人材が重責を担える立場となっていたのも事実だが…

女流作家の永井路子さんは来島又兵衛の子孫にあたるらしい!
永井路子さんのお父さんと親交があったという厚保小学校近くにある光専寺にも行ってみた!
光専寺
DSC06768.jpg

光専寺さんから西円寺の事を聞き行ってみた!
西円寺
DSC06771.jpg

想定外の展開に驚いた西円寺住職の瓜生等勝氏が来島又兵衛の研究し本も書かれていた!
住職から来島又兵衛の話を聞き…本もいただいた!ありがたかった!
この本で来島又兵衛という人がもっと深くわかると思う!
DSC06781.jpg






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tom106.blog72.fc2.com/tb.php/101-d2df0e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。