トムのざれごと
散策ぶらつきブログ。
プロフィール

黒岩 司

Author:黒岩 司
職人:黒岩 司
性別:男
誕生日:1958年7月26日生まれ
理容師資格:1976年山口県
美容師資格:1979年東京都
1983年:おしゃれサロンTOMを開設
1988年:106(トム)開設~現在に至る
趣味:競技麻将・史跡巡り
山口県長門市西深川4078-5
TEL~0837-22-3776



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義母の実家~四国の豊浜へ
四国の旅、最終日~広島県呉市にある大和ミュージアムへ、、、そこにあったのが、、、海龍!!
CIMG0465.jpg

1945年、戦況悪化の中、、、大日本帝国海軍は特殊潜航艇~海龍を本土決戦用の特攻兵器として開発した。
下関三菱重工からの命令で父はB-29の空襲を避けながら列車で、下関から横須賀まで研修を受けに行った。

海龍は通常の潜水艦と異なり、翼を有し、飛行機のように上昇と下降を行う事ができ2基の魚雷を搭載し、先端部に爆弾を装着した、自爆特攻兵器。。。

父は操舵部分を担当し下関三菱重工では2~3艇を建造した。
全体では200隻以上が作られたが、、、その後~終戦を迎え、一艇も実戦に投入されることはなかった。

下関三菱重工では、建造中の海龍及び部品などを六連島沖に証拠隠滅の為に沈めた。

70年前のことながら父は、全長や全幅のデータをちゃんと覚えていた。ビックリ!!!
観光客に説明をしている、父~哲男!!
CIMG0466.jpg

前日は三原市にある紅葉の名所~佛通寺へ、、、
案内板には、1397年小早川春平が建立とあった。
CIMG0445.jpg

1397年と言えば、足利義満が建立した金閣寺と同年だ!!
何か意味があるのか???それとも、偶然なのか???

紅葉は素晴らしく見事だった、、、古刹の風格を漂わせた寺だった。。。
CIMG0452.jpg

四国に滞在中~丸亀城も見学。。。
この地域は過去より温暖な気候だったのか?弥生時代の遺跡がたくさん出土している。
丸亀城は石垣の曲線美が売りらしい~
CIMG0432.jpg

確かに石垣は美しかったが、天守閣までの坂の勾配もきつかった。。。
この坂には見返り坂と言う名が付いてたが、、、皆、きつさに振り返るところから名づけられたらしい~
CIMG0438.jpg

室町時代初頭には近江・飛騨・出雲・若狭・上総・摂津の6カ国の守護を務め隆盛を極めていた京極氏は臣下の浅井氏に乗ったられた形で衰退した。
京極高次の母は浅井長政の姉(京極マリア)。
1563年生まれだから、唐津城主の寺沢広高を同じ年だ!!
高次は京極家を復活させようとしている矢先に…
1582年本能寺の変で信長が明智光秀に討たれる。

高次は妹の竜子が嫁いでいた若狭国の武田元明と共に光秀に与し、羽柴秀吉の居城である長浜城を攻める。
山崎の戦いで光秀は秀吉に討たれ、元明も自害する。
高次は美濃国、そして若狭国の武田領へと逃れ、柴田勝家に庇護を求めるが…
勝家は賤ヶ岳の戦いで敗北。。。

行き場を失った高次…
旦那の武田元明を失った妹の竜子が秀吉の側室に~
竜子の嘆願により立場を安堵され、浅井三姉妹のを嫁に、、とんとん拍子に出世し大名へ~

関ヶ原でも石田三成らが挙兵すると高次は三成側に就くと思わせ、東軍に転じ大津城に籠城する。
決戦前に開城したものの、西軍を足止めした功績で後に若狭一国を与えられ京極家の復活に成功した。

二人の女のお陰で出世し蛍大名と揶揄されつつも、、、明治までここ丸亀で版籍を奉還する。。。
CIMG0435.jpg
















スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tom106.blog72.fc2.com/tb.php/146-bc4dc9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。